きりたんぽ**kiritanpo!!!!!**
きたとうほく.com**きりたんぽ!!!!!へようこそ!** きたとうほく.com◇◆本州北限の地◆◇

昔から今に受け継がれる家庭料理

秋田では、きりたんぽ鍋を秋から冬の間に月に一度は食べている家庭料理です。懐かしい客人がある場合などは郷土料理を思い出される料理として、また、普段でも家族が揃うだんらんの食卓にも作られる定番家庭料理といえます。
鍋を彩る食材もその家庭によってさまざまですが、基本的に欠かせないのは、きりたんぽの他に、比内地鶏または比内地鶏スープ、きのこ、根ゼリでしょうか。
きりたんぽはご飯と同じで基本的には生食ですから、日持ちはしません。2〜3日が賞味期限といえます。
しかし、今では真空パック加工が優れているため7〜10程度は日持ちするようになったため、日にちの制約をあまりうけなくとも食することができるようになりました。きりたんぽ工房“秋田美人”では、きりたんぽを一年を通じて楽しんでいただけるよう、きりたんぽ専門店の設備を整え、見学して体験していただきながら、秋田の伝統料理を今に伝えています。