トップページ >> 協賛生産者一覧 >> 秋田比内や
生産者詳細/きたとうほく.com
比内地鶏で日本一を目指す**秋田比内や 株式会社**
秋田県鹿角市
title1
 比内鶏は古くから秋田県の北部、比内地方で飼育されてきたので、この名前がついたと言われています。性質は活発で枝から枝へ飛び回ったり、長い距離を飛ぶこともあります。多くの日本鶏のなかにあって、比内鶏は特別な形態というわけでも、特徴ある歴史を綴ってきたという訳でもありません。しかし、その鶏肉がことさら美味であったため、鹿児島の薩摩鶏や愛知の名古屋コーチンと並ぶ日本三大美味鶏のひとつとして天下にその名を知らしめるようになりました。

 比内鶏は普通の鶏に比べて身体が小さく、食用にはあまり向いていなかったことから、昭和48年に秋田県畜産試験場が比内鶏の雄とアメリカ原産のロードアイランドレッドの雌とをかけ合わせて一代雑種を生産し、これに「比内地鶏」という名前をつけ、現在市場に流通させているのです。生産されている鶏はほぼ100%が雌です。これは、雌の方が雄に比べて肉の味の良い期間が長いためで、ひなの状態で雌だけを選別して導入するようにしています。
title2
 秋田比内地鶏は天然記念物「比内鶏」のオスとロードアイランドレッド種のメスを交配させた1代雑種です。当社では、ふ化から30日頃までは育成舎で飼育した後、120日以上「放し飼い(1坪に1.5羽)」という厳しい基準で育てられた秋田比内地鶏の中でも特に肉質の良いメス鶏だけを使用しています。秋田比内地鶏の引き締った肉質の特長は赤みが強く、うま味成分であるイノシン酸が多く含まれ、脂肪球が細かく鍋料理にはもちろんのこと、塩焼きにした時の鶏肉本来のジューシー感とうま味も日本一の味と自負しています。                                         ---- 幸せに育った鶏に勝る味はない ----
title3
 秋田比内やの「純米きりたんぽ」は、あきたこまち100%の美味しいお米で一本一本手作りで作られています。安全で美味しいお米を作るために、契約農家では毎年田んぼの土壌改良を行ってます。有用微生物を利用したボカシ肥料で土を肥沃化し、虫をつきにくくするために、自然酵素や酢糖酎などを使用しています。手間ひまをかけて品質が良く、美味しいあきたこまちを作ってます。そのお米で一本一本丹念に作る「きりたんぽ」は、格別の美味しさです。そして最後に、備長炭を使い、1000℃を超える温度で、外はパリッと、中はフワッときつね色になるまで香ばしく焼き上げます。
title4
 『村の駅 トプカイ レストラン』では、直営の比内地鶏農場で飼育された比内地鶏を自社工場で加工し、そのままの美味しさをお客様に召し上がっていただいております。全スタッフが真心を込めておもてなしさせて頂きます。
  パワーの源になっている思い...
『  私たちは秋田が世界に誇る「放し飼い比内地鶏」を生産から加工、流通まで徹底して秋田にこだわり、ほんものの地場産品を秋田の食文化と共にお届けしております。 』
秋田比内や 株式会社 店長
杉本 忠雄
秋田比内や 株式会社のホームページへ
きたとうほく.com
商品一覧
Copyright (C) 2006 EXCEL Co,.Ltd. All rights reserved.