トップページ >> 協賛生産者一覧 >> 奥中山高原農協乳業
生産者詳細/きたとうほく.com
奥中山高原農協乳業株式会社
岩手県一戸町
title1
 岩手県北の奥中山の産業といえば、戦前までの軍馬補充部を除き農業以外に特筆されるものはありませんでした。

 昭和23年、開拓新農村の建設に燃える地元青少年の訓練基地としての奥中山開拓推進基地農場から、数戸の開拓農家がホルスタイン種の子牛を借り受け飼養したのが奥中山酪農の始まりです。

 昭和30年代後半から本格的な酪農経営の基盤づくりのため乳牛導入、牛舎建築、農業機械の導入などが増えてきました。しかし、当初は飼育管理も不慣れで乳牛が死亡したり病気になったり、1頭当たりの搾乳量も少なくしかも乳価の低迷や諸資材高騰、借入金の負担など経営状態は最悪で数々の困難が待ち受けておりました。
それらの苦難も地域の連帯と和によって支え合い乗り越えてきました。
title2
 昭和63年、牛乳への消費者ニーズも多様化する中で、カナダより134頭のジャージー種を導入、また、同じ年に地域で生産される高品質な農業畜産物に付加価値を与える目的で奥中山農協の加工施設が稼働、良質な牛乳を使用しカマンベールチーズやアイスクリームを製造を開始しました。

 その後、奥中山地域全体の活性化を目指し酪農生産基盤の確立を図ることを目的として牛乳乳製品プラント建設することとなり、平成11年4月に酪農家100戸が出資し会社設立(当社)、同11月より稼働し全酪連北福岡工場の牛乳生産と奥中山農協のアイスクリーム生産を引き継ぎ現在に至っています。                                    写真左上がジャージーの仔牛、写真右下がホルスタイン
title3
 工場には自由に入り見学することができます。ただし、年末年始と祝祭日を除く、月曜日?金曜日 9:00?16:00です。団体様の場合、前もって連絡をいただければ1名同行し説明いたします。

 当社は深夜製造が主ですので、日中ご覧になりたい場合は、13:30頃から約1時間、午後の製造がありますので、この時間帯にいらっしゃれば充填ラインをご覧になれます。

 工場内にお客様用のホールを設けてあり、自由にご休憩いただけますし、車椅子用のスロープやトイレも完備しておりますので、身障者の方も安心です。

 金曜日には当社ミルクレディが販売を致します。(それ以外の日ももちろんご利用いただけます)
title4
・デンマークのケーチランゴ設計事務所による環境に配慮した設定
・環境を破壊するフロンを使用せずアンモニア冷媒を使用
・冷蔵庫の冷却に夜間電力利用による蓄氷システムを使用
・清潔区域・準清潔区域・汚染区域に区分しゾーニング管理を徹底
・空気の流れを清潔区域から外へとする陽圧構造
・異物進入防止のため、工場床を50cm高くした
・学習、憩いの場として消費者ルームの設置
・ゆったりと見学できるように幅6m長さ72mの多目的通路の設置
  パワーの源になっている思い...
『 豊かな自然の中でこそ良い製品ができあがります。したがって、自然環境との共生が私たちの使命です。 』
奥中山高原農協乳業株式会社 店長

奥中山高原農協乳業株式会社のホームページへ
きたとうほく.com
商品一覧
アイスクリームセット N コクのあるスーパープレミアムな味わい
アイスクリームセット N
4,536円(税込)
アイスクリームセット S コクのあるスーパープレミアムな味わい
アイスクリームセット S
3,240円(税込)
ヨーグルトセット Y 生乳からつくったリッチなジャージーヨーグルト
ヨーグルトセット Y
2,376円(税込)
Copyright (C) 2006 EXCEL Co,.Ltd. All rights reserved.